使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

副詞の役割とは? ~ 副詞の基本知識をおさえよう 

2020/03/22
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、音楽と語学が好きなKすけです。

皆さん、「副詞」の用法ってご存じでしょうか?

なんとなく、語尾に「ly」がついたやつという感覚ですよね?

英語の品詞には、

「名詞」Subject

「動詞」Verb

「形容詞」Adjective

「副詞」Adverb

他にも前置詞とか接続詞とかありますが・・・

上の4つの中では、

なんとなく「わかりくいヤツ」ってイメージ、ないですか?

今回はそんな副詞にまつわるお話です。

きっと長くなる(?)予感がするので、

今回はその「前半」として、

基礎の基礎からスタートしましょう。

 

副詞の基本をおさえよう(修飾するってどんなこと?)

副詞は品詞の一つです。

当たり前ですが・・・(笑)

何を修飾するのかという話からです。

そもそも、「修飾する」って何でしょうね?

「装飾」となんとなく似てるので、

飾りをつけることでしょうか?

ここではわかりやすく

「修飾する」=「意味を補足する」

と考えておきましょう。

 

①動詞を修飾

(例)I often go skiing with my friends.

「私はよく友人とスキーに行きます。」

この文の副詞は「often:よく」ですね。

そして、動詞の「go:行く」に

「どのくらいの頻度で行くのか?」

という意味を補足しています。(これを「修飾」といいます)

 

②形容詞を修飾

She speaks very good English.

「彼女はとても上手な英語を話します。」

この文での副詞はveryです。

good=上手な」という形容詞に

「どれくらい上手か」

という意味の補足をしているんですね。

 

③副詞を修飾

She speaks Japanese very well.

「彼女はとても上手に日本語を話します。」

これはちょっとややこしいですが、

まず、「well=上手に」は、「speak=話す」という動詞を修飾する「副詞」です。

そしてその前の「very=とても」は、

well=上手に」という副詞を修飾する副詞です。

「どのくらい上手か」という意味を付け加えています。

 

④文全体を修飾

そして、こんな修飾の形もあります。

Happily, he did not die.

「幸運にも、彼は死にませんでした。」

この文の「happily=幸運にも」は、文全体を修飾する副詞です。

【point】

ただし、文末につけると違う意味になってしまうので注意が必要ですね。

He did not die happily.

となると、動詞を修飾するので、

「彼は幸せな死に方をしませんでした。」

という意味になってしまって、

「死んだのか、死ななかったのか」

意味が真逆になってしまうんです。

結構、盲点でしょ??

 

結局、全部を修飾するの?

このようにほとんどの品詞を修飾してしまう「すぐれもの」ですが、

修飾できない品詞があります。

それは、「名詞」です。

たしかに、

「彼はとっても浜田だ」とか、言わないですよね?

覚えておきましょう。損はないです。

 

副詞の役割 どんなときに副詞が活躍するの?

さて、品詞にはそれぞれ役割がありますが、

このように「副詞」は、いろんな品詞を(または文全体を)修飾します。

わかりやすく言えば、

「副詞を使うと、より詳しく、わかりやすく、感情や程度を加えて話しができる」

ということです。

どういうことか簡単な例文で説明すると、

He speaks English well.

という文に

He speaks English very well.

と、副詞のveryを入れると、

話をするときは、いったいどこを強く読みたくなりますか?

very=とても」という副詞を入れることで

伝えたいことをより表現豊かに話すことができますよね。

 

Happily, he did not die.

このときも、「よかったなあ~」という感情を伝えるには、

Happilyがとても重要な役割を持っています。

 

I always have breakfast with my family.

alwaysを入れると、そこに特別なニュアンス(本当に伝えたいこと)

が加わります。

 

まとめ

品詞にはそれぞれ役割があります。

「○○を修飾する」という覚え方だけではなくて、

  • 「なぜそこに副詞が必要なのか?」
  • 「副詞を入れると、どんなことが伝えやすくなるのか?」

ということまで意識して、文法はおさえて欲しいです。

 

副詞の基礎をおさえて、

使えるときには使ってみましょう。

より表現豊かな会話ができるようになりますよ。

Kすけ

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.