使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

空港で荷物をピックアップする場所は英語で何ていうんでしょうか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、Kすけです。

今回も空港でよく見る英語について

みなさんと一緒に勉強していきたいと思います。

今回は「受託手荷物」についてです。

空港で扱う2種類の荷物の復習

以前のブログでも説明しましたが、

空港で扱う荷物に大きく分けて

・受託手荷物・・・Checked Baggage

・機内持ち込み手荷物・・・Carry-on Baggage

があります。

*Baggageの復習はこちらのブログ記事で確認!

Baggage/Luggage/Bagの違いはあるの?

受託手荷物(Checked Baggage)は、

目的地(Final Destination)に到着したら、

入国審査(Immigration)を通過した後に、自分でPick Upに行きます。

手荷物受取所を英語で何というのかな?

さて、みなさんご存知の、

荷物を見つけてPick Upするところを

英語で何と言うでしょうか???

正解は、

 

Baggage Claim Area

と言います。

手荷物受取所で見かける英語

手荷物受取所”Baggage Claim Area”に行くと

自分が乗ってきたフライトが書いてある電光掲示板を探します。

おなじみのベルトコンベアーみたいなところの前で自分のスーツケースの登場を待ちます。

ベルトコンベアーですが、英語では

・belt conveyor

・conveyor-belt

とか言ってます。

例えば、回転ずしは、

“conveyor-belt sushi”

と言うんですよ。

なんか、楽しそうだけど、

ちょっとイメージ変じゃないですか?笑

個人的には、あんまり美味しそうな響きしないんですが・・・(スミマセン)

空港のターンテーブルを英語で何というのかな?

話しが脱線したので、元にもどしましょう。。

Baggage Claim Areaで回っている「アレ」は、

ターンテーブルとよく呼ばれているようです。

では、空港のターンテーブルを英語で言うとなんでしょう??

 

正解は・・・

Carousel

でした!

 

ちなみにこのCarouselは、「回転木馬」という意味もあります。

空港では、

Baggage Carousel

と言われたりもしますね。

手荷物受領書/手荷物引換証を英語で何というのでしょう?

さて、多くの方がここで自分のSuitcasePick Upするんでしょうが、

似たようなSuitcaseが沢山あるので、

間違わないようにしないといけません。

そのためにもBeltはしておくことをお勧めします。

特に海外でのChecked Baggageの取扱われ方は

結構「乱暴」なこともありますので、

もちろんその対策にも必要でしょうね。

そして、Suitcaseについている「札」は確認しましょう。

さて、このSuitcaseについている「札」、英語で何というか覚えていますか??

 

正解は、

Baggage Claim Tag

でしたね!

Baggage Claim Tagの復習はこちらから!

「手荷物預かり証」って英語で何ていうの? / TransferとTransitの違いは? 

自分のSuitcaseだと証明”prove”するためにも、

大事なTagでした。

意外と多い(?)スーツケースにまつわるトラブル

海外旅行に行ったら、

「スーツケースがいつまでも出てこない!」

「スーツケースが壊れてた!」

ということが良くあります。

手荷物受取所で使える英語表現

では、手荷物受取所で使える英語表現をいくつか紹介します。

“My baggage is missing.”

「私の荷物が紛失しました。」

Missing Personは、「行方不明者」です。

「○○がなくなった~」と言いたいときは、

“My ○○ is missing.”

と言ってしまえばOK。

“I can’t find my baggage.”

「私の荷物が見つかりません。」

比較的簡単な文法ですが、

こういう一言を「スラスラ」と言えると

「英語上手いね」

となるから面白いですね。

can’t と、findと、baggageの3つの最初の母音にアクセントをおいてみましょう。

“My suitcase is blue with red belt.”

「私のスーツケースは青色で、赤いベルトがついています。」

「~がついている」はwith~という表現を後ろからくっつければOK。

withは使い勝手がある単語ですよ。

“Please write your name with this pen.”

としたら、

「with~・・・~を使って」

となります。

“Could you please call me when you find my baggage? “

「荷物が見つかったら私に電話をしていただけますか?」

Could you~? は、Would you~?でもOKです。

Can you~?やWill you~?よりもワンランク丁寧な表現ですので

どこでも使えます。

“I’m staying at the Palace Hotel. Here is the phone number.”

「パレスホテルに滞在する予定です。こちらが電話番号です。」

近い未来の予定を表わすのに、このように”be~ing”を使って、

「~する予定です。」

とすることができます。

 

まとめ

いかがでしたか?

自分の荷物が来るかどうか

私もいつもドキドキしてしまいます笑

自分の荷物を見つけたら、

その場で簡単に破損チェックは忘れないようにしましょうね。

今回の重要語句と表現です。

【重要語句】

受託手荷物・・・Checked Baggage

機内持ち込み手荷物・・・Carry-on Baggage

目的地(Final Destination

入国審査(Immigration

手荷物受取所・・・Baggage Claim Area

(空港の)ターンテーブル・・・Baggage Carousel

手荷物受領証・・・Baggage claim Tag

 

【重要表現】

“My baggage is missing.”

「私の荷物が紛失しました。」

“I can’t find my baggage.”

「私の荷物が見つかりません。」

“My suitcase is blue with red belt.”

「私のスーツケースは青色で、赤いベルトがついています。」

“Could you please call me when you find my baggage? “

「荷物が見つかったら私に電話をしていただけますか?」

“I’m staying at the Palace Hotel. Here is the phone number.”

「パレスホテルに滞在する予定です。こちらが電話番号です。」

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

よろしければ英語村ブログの「いいね」の応援をお願いします。

メッセージもお待ちしています!

Kすけ

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.