使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

ビッグアップルでの体験 「アメリカ横断バス一人旅 ニューヨーク編②」

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、「音楽と語学をこよなく愛するKすけのブログ」のKすけです。

アメリカのカリフォルニア州サンディエゴのバスディーポから出発した

「アメリカ横断バス一人旅」ですが、

ついにニューヨークに到着です。

よく考えてみたら、

ニューオーリンズからシカゴまでも北上しているので、

「アメリカ縦断」もやっちゃってますね~笑

でも、「一周」ではないですね。

いってない魅力的な都市は

まだまだ沢山ありました・・・

アメリカはやっぱり「でかい!」

この「バスの旅」で一番感じたことです。

「アメリカはでかい!!!」

特にシカゴからニューヨーク、そのあといったワシントンD.C.とか、

いわゆる大都会がいくつもあって、

はたまた広大な自然や、田舎のどこまでも続く風景もあって、

土地の広さはもちろん、

アメリカという国が持つ「底知れるパワー」に圧倒させられました。

それを実感できたことが、私の人生においての宝物でもあります。

ニューヨークのBig Apple以外のあだ名は?

ニューヨークは別名「Big Apple」と呼ばれているのはあまりにも有名です。

昔、レーシングコースで与えられていた一番賞金額が大きな賞の名前から来てるとか、

ニューヨークにあった競馬場から来てるとか、

この呼び方の由来には諸説あるようなんで、

ここではあえて触れません。

「夢を追う人が目指す街」というニュアンスがあるのかな、

くらいに思っておきます。

その他にもニューヨークには「あだ名」はいろいろあるんですが、

「Melting Pot(人種のるつぼ)」

「Salad Bowl(サラダボウル)」

というのもあります。

Melting Pot(人種のるつぼ)

Meltは動詞で「溶ける」という意味ですね。

Potは「鍋」とか「つぼ」とかのイメージでしょうね。

【注】

日本語のポットといえば沸騰したお湯を保存しておく(または電気で沸かす)

魔法瓶を指したりしますが、英語にはその意味はありません。

ちなみに、魔法瓶は「thermos (bottle)」と言います。

 

いろんな人種(Races)が混ざり合っている状態のことを

Melting Pot(人種のるつぼ)と表現します。

ただ、最近ではあまり言われないみたいで、代わりに

Salad Bowl(サラダボウル)

と言われることが多いみたいです。

たしかに、いろんな人種が、混ぜられて溶けているようなイメージとは違うかな?

それぞれの価値観で、好きに暮らしているようなイメージかな?

混ざっているようには見えなかったかもしれないですね。

あ、あくまで「イメージ」ですよ。

良くも悪くも「個人の自由」を大事にしているように感じました。

もちろん、自由には責任がついてくるんですが・・・

ニューヨークでの体験

私がニューヨークに着いたのはちょうどクリスマスイブでした。

街はクリスマス一色!!

安宿にいても外から馬鹿騒ぎをする声や

「発砲?」と思ってしまうような大きな音とかが

聞こえてきます・・・(怖)

それでも思い切って街に繰り出すのでした。

もちろん、ライブハウスで音楽を楽しんで

(これがメインイベント!)

仲良くなった人とファミリーレストランで食事をしていると

その人が財布をいつのまにかスられてしまったんです!

おそらく背中合わせに座っていた大柄のアメリカ人が犯人だと思って

すぐに探しても見つからず、

仕方なく一緒に警察署(Police Department)に相談に行ったら、

「今夜はクリスマスイブだから、悪いけどそれどころじゃあないんだ。ついさっきもそこで発砲事件があって」

と言われて、「ヒエ~!」となって、

その場は届出書だけ書いて、仕方なく引き下がりました。

そういえば、あのあと、あの人はどうなったんだろうか・・・?

そして地下鉄に乗ろうとしたら、

本物のもみの木(アメリカでは道ばたで本物の木が売ってある)を肩に担いだ

若い女性が乗り込んできました。

日本の地下鉄では、本物の木を担いだ人が乗ってきた経験はありませんでしたから

私は「おっ!」と、少々驚いていたんですが、

周りの人は「我かんせず」で、無反応です。

その光景になれているんでしょうかねー?

日本では体験できないようなことが起こる

さすがはニューヨークでした。

最後に

ホテルへ帰る途中、

行くときはちゃんとあったショップのショーケースが

割れてこなごなになっていました・・・怖!!

なんか、ダラダラと書いてしまいましたが・・・

まとめると、

ニューヨークは想像以上にエキサイティングで

魅力的な大都会でした!

欲しいものが何でもある。

見たいモノもたくさんある。

世界中のグルメもここにはある。

で、自己責任の上で人の目を気にしない自由がある。

そんな感じでしょうか?

地下鉄では怖い体験もしましたが、

ここで話すのは自主規制ということで・・・

Kすけ

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.