使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

For the birdsってどんな意味? 「鳥」を使った英語表現15選!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも! Kすけです。

動物のことわざシリーズ(また勝手にシリーズにしちゃってますが)

の今回は第5弾。

「鳥」です。

 

鳥をペットとして可愛がっている方も

世の中には大勢いらっしゃいます。

残念ながら私は鳥を飼った経験がないのですが、

当然、「鳥」を使った英語表現も沢山ありますよ。

鳥には、「にわとり」とか「からす」とか、

いろんな種類の鳥に関連した表現もありますが、

今回は「bird」に絞ってまとめてみましょう。

「For the birds」ってどんな意味??

さて、「鳥=bird」です。

イギリス英語では、

Bird=女の子

という風に使われることもありますが、

これ、差別的な表現で、

あんまり良いイメージを持たれない言い方ですので

使わない方が賢明でしょう。

さて、For the birdsに戻りましょう。

 

For the birds

・・・ uninteresting and meaningless

「面白くなくて、意味がない」

という意味になります。

「鳥」を使った英語表現 8選

それでは、「鳥」を使った英語表現8選を紹介しましょう。

a bird in the hand is worth two in the bush    

bush・・・草むら、藪

という意味です。

「手の中にいる1羽の鳥は、草むらにいる2羽の鳥の価値がある」

今、目の前にあることにはそれだけの価値があるんだよ

という意味です。

a little bird told me

これは会話表現です。

「特に仲が良い人、知り合いとの日常会話などで使います。

「ねえねえ、俺、秘密知ってるんだよね・・・」

という感じで話し始めるときに使えます。

こういう表現をさらっと言えたら気持ちいいですよ。

eat like a bird

鳥は小さなくちばしでえさを食べるイメージなんでしょうね。

これは「小食」という表現です。

She eats like a bird.

「彼女、小食なんだよね」

なんとなくイメージ沸きますよね。

for the birds

これはさっき説明しましたが、

「くだらないなあ」

という意味です。

get the bird

「会社をクビになる」

という表現です。

同意語に、get the ax, be fired,

なんてのがあります。

重要語句なので、ついでに覚えましょう。

give someone the bird

やじる、ののしる、あざける、

Flip the bird (中指を立てる)

も一緒に覚えましょう。

have a bird

=to become distressed by something

びっくりする、衝撃を受ける

という意味で使います。

like a bird

楽しそうに、楽々と

これはなんか良い感じの表現ですよね。

楽しそうに飛んだり遊んだりしている

鳥の様子が目に浮かぶようです。

Birdを使った英語表現に近いことわざは?

ではここでクイズをしましょう!

次の「bird」を使った英語表現の意味に

近いことわざを考えてみましょう!

1.Birds of a feather flock together.

2.Bread is better than the songs of birds.

3.Fine feathers make fine birds.

4.It’s an ill bird that fouls its own nest.

5.Kill two birds with one stone.

6.The early bird catches the worm.

7.To every bird his own nest is best.

さて、おわかりでしょうか???

 

 

では、正解です!!

1.Birds of a feather flock together.

「類は友を呼ぶ」 

2.Bread is better than the songs of birds.

「花より団子」

3.Fine feathers make fine birds.

「馬子にも衣装」

4.It’s an ill bird that fouls its own nest.

「立つ鳥跡を濁さず」

5.Kill two birds with one stone.

「一石二鳥」

6.The early bird catches the worm.

「早起きは三文の得」

7.To every bird his own nest is best.

「住めば都」

どうでしたか?

分かりましたか??

すぐにでも使える表現なので、

ぜひ覚えて、使ってくださいね。

今日はこの辺で!

By Kすけ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.