使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

空港でのチェックイン Check in を使った英語表現

2020/07/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、Kすけです。

みなさん、お元気でしょうか?

今回も「旅行英語」を使って英語の勉強をしよう!のコーナー

今日はその第4回目です。

まずは前回の復習から

さて、前回までは、空港でみかける英語についてでしたね。

  • 空港・・・Airport
  • 到着ゲート・・・Arrival Gate
  • 出発ゲート・・・Departure Gate
  • トイレ・・・Restroom/Toilet/Water Closet(W.C.)/Powder Room
  • 両替所・・・Exchange Counter/Exchange Bureau
  • 銀行・・・Bank
  • 案内所・・・Information
  • お土産物屋・・・Souvenir shop

復習をしたい方はこちらからどうぞ。

Departure / Arrivalの復習

DepartureとArrivalの意味を考える 「旅行英語」で英語学習 その②

Exchangeの復習

「両替」Exchangeを使った表現 「旅行英語」で英語の学習 その③

 

いよいよチェックインカウンターでチェックインをしよう

さあ、いよいよチェックインですね。

まずはチェックインに関連のある英語を紹介します。

どれくらい分かるか、セルフチェックをしてみましょう。

グランドスタッフ・・・Ground Staff

搭乗手続き・・・Check In

チェックインカウンター・・・Check-in Counter

パスポート(旅券)・・・Passport

ビザ・・・Visa

搭乗券・・・Boarding Pass

保険・・・Insurance

荷物・・・Baggage/Luggage

スーツケース・・・Suitcase

機内持ち込み手荷物・・・Carry-on Baggage

受託手荷物・・・Check-in Baggage

手荷物預り証・・・Baggage Claim Tag

 

「出国」のときに大切な「チェックイン」

空港に着いたら絶対にしないといけないことに「チェックイン」があります。

Check inとは、Check-in Counterに行って、搭乗手続きをすることですね。

 

「搭乗手続き」は英語では”Boarding Procedure”と言ってもいいんですが、

通常は「Check in」の方を良く使います。

 

空港の、特に「国際線」のチェックインは、

とても大きな意味を持っています。

  • 自分が何者かを示す(パスポート確認)
  • 自分が日本を出てその国に行くことを許可されているか確認する(パスポート、ビザ確認)
  • フライトスケジュールが間違っていないか確認する(搭乗券確認)

などなどです。

 

ホテルのチェックインも同じCheck inを使いますよね。

ただし、ホテルではCheck outもありますが、

空港ではCheck outはもちろんありません。

ちなみに、「出社してタイムカードを押す」ときも

Check inが使えたりします。

空港でのチェックインまでの流れと英語表現

空港に着いたら自分のflight(航空便)のTime Schedule(時刻表)をボードで確認をして、

Check in Counterの場所を確認します。

列(Line)にならんで、自分の順番(your turn)が来たら、

機内受託手荷物(飛行機の中に預ける荷物:Check-in Baggage)を

荷物検査してもらいます。

検査が済んだ荷物を持って、

いよいよチェックインカウンターへ!!

チェックインカウンターで使える英語表現を一つ紹介しましょう。

チェックインカウンターでの会話①

「こんにちは。搭乗手続きをしたいんですが。」

“Hello! I’d like to check in, please.”

 

このように、なんでも使える”would like to“をつければ

OK!です。

 

海外に行くなら絶対に必要なパスポートと英語表現

結構知らない人が多いようですが、

Passportは別名「旅券」とも言います。

自分の国籍や氏名などを証明してくれる

かなり高度な「身分証明」ですね。

 

日本から国外に出て、他の国に入国するときには

このPassportは絶対に必要です。

 

チェックインカウンターでの会話②

「パスポートを見せていただけますか?」

“May I see your passport, please?”

「はい、どうぞ。」

“Yes, here you are.”

「~してくれますか?」は、Would you~?を使いますので、

もちろん、“Would you show me your passport, please?”

でもOKです。

ちなみに、パスポートの写真には細かな規格があるので外務省HPで確認しましょう。

パスポートの「サイン」をローマ字にするか漢字にするかというのがよく問題になりますが、

どちらでも「可」のようです。

私は若い頃はローマ字でサインしたかったので、ローマ字にしていましたが、

いつの頃からか「漢字」だけになってました。

なんとなくローマ字がカッコイイのかなあと思っていましたが、

実は世界に出たら「漢字」はカッコイイんだということに気づいたのと

アルファベットを使う国では漢字のサインの方が「偽造」されにくいというのを

聞いたことがあるので・・・

 

まとめ

今日の2つのフレーズをおさらいしましょう

 

チェックインカウンターでの会話①

「こんにちは。搭乗手続きをしたいんですが。」

“Hello! I’d like to check in.”

 

チェックインカウンターでの会話②

「パスポートを見せていただけますか?」

“May I see your passport, please?” / “Would you show me your passport, please?”

「はい、どうぞ。」

“Yes, here you are.”

 

海外旅行中にもしパスポートをなくしてしまったら、

日本大使館に行って、仮のパスポートを発行してもらわないといけなくなります。

そのため、予備の写真とパスポートのコピーは常に持って行くことをお勧めします。

(海外では日本のように写真が簡単には撮れないところもあるので)

 

「パスポートは命の次に大事なもの」とは、よく言われます。

また、日本人のパスポートは「価値が高い」ため、

狙われる確率が高くなります。

 

気をつけて安全な旅行を楽しんでくださいね。

では、また。

 

Kすけ

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.