使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

「税関」って英語で何て言うの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、Kすけです。

いつも私のブログを読んでいただきありがとうございます。

はじめて訪れた方、ようこそお越し下さいました。

読んでみて気に入ってくれたなら

ぜひ過去の記事も読んでみてください。

前回は空港の「手荷物受取所”Baggage Claim Area”」での英語表現を紹介しました。

今回は、Pick upした荷物を持って行くところです。

そうです。「税関」です。

「税関」って英語で何て言うんでしょうか?

さて、Immigrationを通過して、

自分のBaggageを取ったら、

次に向かうのはこの「税関」です。

英語では何と言うんでしょうか?

 

正解は・・・

Customs

と言います。

「税関」”Customs”の役割とは?

このCustomsは何をするところなんでしょうか?

「入国審査」Immigrationは、

Passport Controlという別名がついていました。

Immigrationの復習はこちらから

すぐに役立つ!入国審査での英会話集

Immigration「人のチェック」だったのに対して、

この「税関」は、「モノのチェック」をするところです。

なので、順番的には、

自分の受託手荷物を受け取った後、

空港のロビーに出る直前に向かうところとなります。

ところでこのCustomsですが、

単数にすると

Custom・・・習慣

という意味ですよね。

どうして複数にして「税関」という意味になったかは

諸説いろいろあるようですが、

(当時、王様にお金を納めることが「習慣」になっていたから、とか・・・)

ただ、覚えておいてほしいのは、

必ず「複数形」になるということです。

税関・・・Customs

これで覚えておきましょう。

「税関審査官」は英語で何て言うんでしょう?

さて、Immigrationにいる人、「入国審査官」

英語では、Immigration Officerでした。

では、「税関」で怖い顔(?)してチェックする人は

英語で何て言うのでしょうか?

 

正解は・・・

「税関審査官」

Customs Inspector

と言います。

この、Inspectという単語ですが、

これは「調べる、調査する」という意味です。

「調べる人」だから、Inspector

最後がerではなくてorになっているところにも気をつけて。

「税関申告書」って英語で何て言うんでしょう?

この「税関」”Customs”で提出する申告書がありますね。

だいたい、飛行機の中でCAから配られて、

機内で書いてしまうことが多い「アレ」です。

その「税関申告書」って、英語で何というのでしょうか?

 

正解は・・・

Customs Declaration Form

と言います。

 

Customs・・・税関

Declaration・・・申告

Form・・・フォーム、用紙

 

まあ、日本語そのままですね。

Declarationは名詞ですが、

動詞はDeclareです。

これは、「申告する」という意味なので、

一緒に覚えましょう。

「税関」”Customs”で役に立つ英語表現

ではここで、Customsで良く聞く英会話を少し紹介します。

Customs Inspector: Do you have anything to declare?

You: Nothing.

税関審査官:「何か申告をするものはありますか?」

あなた「ありません。」

Customs Inspector:Do you have liquor or cigarette?

You:No,I don’t have.

「お酒やタバコは持っていますか?」

「いいえ、持っていません。」

Customs Inspector:Did you pack this bag yourself?

You:Yes, I did.

「このバッグはあなたが自分でパッキングしましたか?」

「はい、私がしました。」

Customs Inspector:Please open this bag?

You:OK. Here you are.

「バッグを開けてもらっていいですか?」

「はい、どうぞ。」

Customs Inspector: OK, you may go.

You: Thank you.

「はい、よろしいですよ。」

「ありがとうございます。」

まとめ

今回は、「税関」”Customs”に関連する英語と便利な英語表現を紹介しました。

税関審査官は、さすがにプロのInspectorなので、

「おかしいな?」「何か変だな?」

という人は、表情とか姿とかで見抜くと言われています。

また、麻薬の取り締まりをするところでもあるので、

麻薬探知犬もいることがありますよね。

麻薬探知犬

drug detection dog / drug-sniffing dog

では、今日の単語と表現をまとめます。

【重要語句】

Customs ・・・ 税関 / 関税

Customs Inspector ・・・ 税関審査官

Customs declaration form ・・・ 税関申告書 / 関税申告書

 

【英語表現】

Customs Inspector: Do you have anything to declare?

You: Nothing.

Customs Inspector:Do you have liquor or cigarette?

You:No,I don’t have.

Customs Inspector:Did you pack this bag yourself?

You:Yes, I did.

Customs Inspector:Please open this bag?

You:OK. Here you are.

Customs Inspector: OK, you may go.

You: Thank you.

では、今日はここまで。

お付き合いいただきありがとうございました!

メッセージや「いいね」など

応援があったら励みになります。

よろしくお願いします!

Kすけ

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.