使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

空港で預ける荷物の「超過料金」を英語で何というの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、Kすけです。

「旅行英語」を使ってひと味違った勉強をするコーナーです。

空港のチェックインカウンターで使える英語表現を紹介しながら

英語の世界を広げていってます。

これまでのブログはこちら!

空港でのチェックイン Check in を使った英語表現

Baggage/Luggage/Bagの違いはあるの?

「無料」はFreeだけ? 空港で荷物を預けるときに使う英語表現 

今回もどうぞお楽しみに!

チェックインに関わる英語(復習)

今回もチェックインに関わる英語をもう少し詳しく学んでいきます。

チェックイン関連の英語をもう一度見ておきましょう。

いくつか新しく追加しておきます。

  • グランドスタッフ・・・Ground Staff
  • 搭乗手続き・・・Check In
  • チェックインカウンター・・・Check-in Counter
  • パスポート(旅券)・・・Passport
  • ビザ・・・Visa
  • 荷物・・・Baggage/Luggage
  • スーツケース・・・Suitcase
  • 機内持ち込み手荷物・・・Carry-on Baggage
  • 受託手荷物・・・Check-in Baggage
  • 無料手荷物許容量・・・Free Baggage Allowance”
  • はかり・・・Scale

「超過料金」を英語では何て言うの?

これらの制限を超えた場合、超過料金を支払うことになります。

チェックインカウンターでの会話⑥

「お客様のスーツケースは重量制限を超えているようです。」

Your suitcase is overweight.

「超過料金をお支払いいただくことになります。」

You’ll have to pay an excess baggage charge.

【キーワード】

Overweight・・・重量制限を超える

Excess・・・超過する

Excess Baggage Charge・・・荷物超過料金

もちろん、Overweightは荷物だけじゃなくて、人間も含めていろんなモノに使われます。

人間につけると「太りすぎ」という意味ですね。

Excessは「過剰の」「過多の」「限度を超えた」などといった意味で、「制限を飛び越える」というニュアンスを持つ単語です。

*Ex~には、Outの意味があります。

超過料金Excess Baggage Chargeは、だいたいくらくらい?

さて、重さが超過してしまったら、

超過料金がかかりますが、

だいたいいくらくらいでしょうか?

目安としては、

日本~アジア

  23キロ~32キロ・・・6000円(US$60)

  32キロ~45キロ・・・30,000円(US$300)

日本~ハワイ、アメリカ、欧州など

  23キロ~32キロ・・・10,000円(US$100)

  32キロ~45キロ・・・60,000円(US$600)

    *2020/7 日本航空HPより

いやー、高いですよね~汗!

もちろん、スーツケース1個の場合です。

皆さん、払わなくていいように上手に荷物は持っていきましょう。

*金額は変更になることがあります。かならず事前にご自分で正確な料金を確認してください。

チェックインカウンターでの会話⑦

「このスーツケースの重さは23キロを超えています。」

“This suitcase is over 23kg.”

「60ドルの超過手数料がかかります。」

“There is a US$60 fee for overweight baggage.”

Your bagsはYour belongings あなたの荷物はあなたに責任があります

荷物のことを、

BaggageとかLuggageと言いますが、

Belongingsという呼び方もあります。

これは「所有物」という意味です。

基本的には自分の荷物の中身は自分で責任を持たないといけません。

たとえば、誰かが中に「違法なモノ」を忍ばせておいて

知らない間に「運び屋」になってしまう危険性もあります。

  • 荷物は必ず自分でパッキングすること
  • 他人の荷物を絶対に預からないこと

この2点はどんなことがあっても守りましょう。

チェックインカウンターでの会話⑧

「こちらのバッグはお客様ご自身でパックされましたか?」

“Did you pack this bag yourself?”

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回も「荷物」について英語の世界を広げてみました。

カウンターでの会話をまとめてみましょう。

チェックインカウンターでの会話⑥

「お客様のスーツケースは重量制限を超えているようです。」

Your suitcase is overweight.

「超過料金をお支払いいただくことになります。」

You’ll have to pay an excess baggage charge.

チェックインカウンターでの会話⑦

「このスーツケースの重さは23キロを超えています。」

“This suitcase is over 23kg.”

「60ドルの超過手数料がかかります。」

“There is a US$60 fee for overweight baggage.”

チェックインカウンターでの会話⑧

「こちらのバッグはお客様ご自身でパックされましたか?」

“Did you pack this bag yourself?”

空港では、チェックインカウンターに進む前に、

なんとか重量制限に収まるようにと

スーツケースの中の荷物を、機内持ち込み手荷物”Carry-on Baggage”の中に

押し込んでいる光景を目にしますね。

 

一方で、航空会社にとっては、

重量超過”Overweight”した

受託荷物”Check-in Baggage”

超過料金”Excess Baggage Charge”は、

大切な収入の一つなので、

キッチリと支払っていただく必要があります。

 

Excess Baggage Chargeはそんなに安い金額じゃありません。

どうぞ空港に行く前に、各航空会社のHPで確認をされることをお勧めします。

 

では、また。

Kすけ

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.