使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

【すぐに使える】Horseを使った有名な英語表現7選

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、Kすけです。

今回は英語ブログです。

動物シリーズ(勝手にシリーズ作ってますが笑)

ねずみ

smell a ratの意味は? ねずみはラット?マウス?

猫 

Let the cat out of the bagってどんな意味? Catを使った表現を紹介!

Go to the dogsの意味は? 犬を使ったおすすめ英語表現10選

と来ました。

さて他に私たち人間の生活に近い動物と言えば、

とくに西洋ではなにをイメージしますか??

西部劇とかに出てくる動物

日本でも昔は今より身近だったはず。

そう、「馬」でございます。

馬がでてくる表現は実にたくさん!

私たちの生活に近い動物は

それだけ言葉の世界に出てくる頻度も高いですね。

日本語で考えてみましょうか?

  • 馬子にも衣装(孫じゃあないですよー)
  • 馬の耳に念仏
  • 生き馬の目を抜く
  • 天高く馬肥ゆる秋
  • 馬耳東風
  • 犬馬の労
  • Etc・・・

まあ、いろいろありますよね

英語のhorseを使った表現7選!

では、英語のhorseを使った表現を見ていきましょう。

Eat like a horse

大食い

これはイメージにぴったりですね。

You know Keith?  He eats like a horse!

キースしってる? 彼はめっちゃ食べるんだよ!

Work like a horse

がむしゃらに働く 

日本語でも「馬車馬のように働く」とか言いますよね。

Work like a dogと同じような表現です。

It’s been a hard day’s night!!(笑)

Hold your horses!

落ち着いて!

“Hold on!”と同じように使いますが、

「ちゃんと暴れる馬をおさえておけよ~」

という意味ですが、

“Calm down!”

みたいな感じで使います。

Put the cart before the horse

「あべこべ・逆のことをする」

という意味です。

ここで出てくる”cart”は、ショッピングカートではなく

馬車のイメージです。

だから、馬が馬車をひくんで

馬車の前に馬をおいたら「あべこべ・逆」ですよね。

Nancy always puts the cart before the horse.

みたいに使えますよ。

Look a gift horse in the mouth

馬の年齢は歯で分かるらしいですよ。

馬をギフトとしてもらって「ありがとう!」とかいいながら

口の中をチェックする様って、浅ましいですよね。

逆に、「事前にしっかり確認をする」という意味で、

Check out horses’ teeth

という表現もあります。

一緒にマスターしときましょう。

Get on one’s high horse

馬の上から見下ろしている様子です。

「偉そうにする」という意味ですね。

We cannot get on our high horse.

その通りでございます(笑)

From the horse’s mouth

「直接、信頼できる筋から」

と言う意味です。

“Hey, is it just a rumor? Who told you?”

“I heard it from the horse’s mouth!”

本人から聞いたなら、間違いないですね。

ちなみに、この逆の表現といえば、

“I heard it through the grapevine.”

「風のうわさで聞いたよ」

これも、良く聞くフレーズです。

このチャンスにマスターしときましょ!

最後に

今日は「馬」に関連する英語表現のうち

代表的なものを選んで紹介しました。

こんな風にカテゴリーして覚えると

英語を学習する楽しさが増えますよね。

 

最後にこんなフレーズを紹介して終わります。

“You can take a horse to water, but you cannot make him drink.”

「馬を水辺まで連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない。」

 

最後は本人のやる気次第!

英語学習も同じでございます。

「水が飲みたくなるように動機付けをする」

それが教師の役割なんです。

はい、気を引き締めます!(笑)

 

以上、Kすけでした。

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.