使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

やってはいけない英単語の3つの覚え方

2020/02/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

覚えることは昔から苦手だったけど、最近は新しいことが全然頭に入ってきませんね~

去年はある資格を取るために、久しぶりに集中して勉強したんですが(英語じゃないけど笑)、

まず「集中力」が続かない・・・ もちろん、「記憶力」に至ってはひどいもんで、

笑うくらいに頭に残っていかない・・・  困った困った

で、どうしたかというと、「集中力」と「記憶力」はさっさと諦めて、

「ダラダラと時間をかける」ことと、「忘れても気にせずに何度も反復練習をする」ことに

頭を切り替えました。

 

どうも、「Kすけのブログ」のKすけです。

 

もったいぶって言いますが、この資格には見事「合格」しました~!!

イエーイ!!

 

さて、そんな私ももちろん苦労してる、「英単語の覚え方」についてです。

今回まずは「やってはいけない英単語の覚え方」からはじめたいと思います。

きっと英語をこれからやり直そうと思っている人も、「あーそうだったなあ」と思ってくれるハズ?

では、はじめましょう!

英単語を楽して覚える方法はあるの?

みなさんは、英単語をどうやって覚えていますか?

英単語を覚えるのは楽しくない

できればそんな苦労なしに英語が話せるようになりたい

そう思っている人は多いと思います。

でも、やっぱり英単語の勉強はどうしても避けて通れないですよね。

はっきり言ってしまうと、英語の基本は英単語です。

例えば、赤ちゃんが最初に話すのは「単語」です。

それから、次第に「文」になって、「会話」になりますよね。

ちょっと話がずれますが、赤ちゃんの話題が出たので触れておきたいのですが、

私たちが言葉をマスターする順番は、

  1. 聴く Listening
  2. 話す Speaking
  3. 読む Reading
  4. 書く writing

ですよね。

もともと語学はこの順番でマスターしていくようになっているものです。

なぜ、中学英語の授業は「読む」からだったんでしょうね???

 

話を「英単語」に戻しましょう。

赤ちゃんが母国語を覚える過程は、

まずは「単語」を「聴く」

そして「口に出す(話す)」です。

そこから「フレーズ」になっていきます。

単語の集まりが会話(フレーズ)である限りにおいては、

やっぱり英語の修得には「英単語」を覚える過程が絶対に必要だということですよね。

「イヤイヤ、そんなことは分かってるから、どうせなら英単語は楽して覚えたい!」

その気持ち、すごく分かります。

でも、簡単に楽して覚えようとは思わないほうがいいですよ。

どんな方法でも、なんとか覚えようと頑張ったことは、必ず生きてくるもんです。

だから、方法はあんまり気にせずに、実行にうつして、あとは継続することです!

まあ、そうは言っても、

せっかく英単語を覚えるのなら、

これだけは気をつけてほしいという

最低限のポイントはあります。

ということで…

今日は、「やってはいけない英単語の覚え方」についてです。

ついついやってしまいがちな、失敗例をあげていきます。

自分に当てはまらないか、セルフチェックをしてみてください。

やってはいけない英単語の3つの覚え方

発音をせずにただ懸命に暗記する

英単語は発音しながら覚えます。分かっていても、いつもできてるかと聞かれると、意外と徹底できてない人が多いのもまた事実です。

では、なぜこれが絶対に必要なのでしょうか? 「覚えるのが早くなるから」「忘れづらくなるから」なんて思ってる人が多いんです。

「覚え方の一つ」と思ってるから、テスト前とか時間がなかったり、面倒だったりして、声を出さずに形で丸暗記しちゃうんですね。

そもそもなぜ英単語を覚える必要があるんでしょうか?

英語は言葉なので、何か伝えたいことがあるときに使います。例えばあなたがミルクをものすごく飲みたいとします。milkという言葉が分からなければ、赤ちゃんみたいなおねだりするか、ジェスチャーなどになりますよね。でも、それでも通じなくて、どうしてもミルクが欲しければ、その気持ちを伝えるためにmilkという言葉が知りたいと思うはずです。

自分が伝えたいことを伝えるために、または相手が言いたいことを理解するために、言葉=英単語が必要なんです。

ですから、まずは読み方、音声で知っておかないと、形だけで覚えても意味がないんです。

英語⇔日本語で機械的に暗記する

これもよくあります。英語の日本語訳は暗記しても、その日本語の意味がよく分からないという場合もありませんか? 英英辞書で覚えることができればそれが一番ですが、ある程度のレベルまでいかないとそれも難しいかもしれません。

例を挙げます。

accomplishという意味を辞書で調べてみましょう。

「 成し遂げる,完成する,目的や約束を果たす (carry out,push thorough),走破する,能率が上がる,長い時間を過ごし終える,《古》人に学業や芸道を仕込む」

と出てきました。

辞書として、全く問題ありません。

しかし、これを丸暗記するのはいかがなものでしょうか?

では、英英辞書で調べてみましょう。

to succeed in doing something, especially after trying very hard

[= achieve]:

(一生懸命頑張って)何かをすることに成功すること [ achieveと同意語]

あなたが何かやりたいことや達成したいことがあるとすると、それを達成できたときのことをイメージします。

それがaccomplishです。

どうですか? あまり難しく考えずに、その単語が持つイメージで覚えるとよいですね。

その方が、その単語の意味の「本質」を捉えることができますし、応用が効きます。

幅をもって、意味を掴んでいってほしいと思います。

使うときのイメージと結びつけないで丸暗記する

単語を覚えるときに、どんな場面でその単語をつかうだろうとイメージします。

さきほどのaccomplishだとどうでしょう?

誰との会話? どんな場所で? どんなシーンで? 何を達成するの?

妄想してみましょう。

可能であれば、好きな外国の俳優などと話している場面を想像するのもいいですよね。

実際に使っている場面を想像して覚えると、覚えた単語が「使える単語」になります。

まとめ

英単語を覚えるときにやってはいけないことを考えると、効果的な覚え方が見えてくるという話でした。

やってはいけない3つの覚え方

その1 発音をせずにただただ暗記する

その2 英語⇔日本語で機械的に暗記する

その3 使うときのイメージと結びつけないで丸暗記する

英単語を覚えるのって誰でも面倒ですよね。

しかし、この面倒なことなしでは、英語マスターへの道は見えてきませんよ~

「基本の英単語をおぼえる。」

まずはこれがFirst Stepです。

本気でやってみてください!

Kすけ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.