使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

日本の英語教育について思うこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。
どうも、Kすけです。
今日は「日本の英語教育」について少しもの申したいことがあるので書きたいと思います。
個人的な意見ですが、少々お付き合いください。

日本語の学校の英語教育はそんなにダメなの?

皆さんは、学校教育でどうやったら英語を話せるようになると思いますか?
日本の学校での英語教育のあり方が問題になって久しいですよね。
  • 日本人は義務教育で英語を習っているのに、全然英語が話せない。
  • 日本の英語教育は会話には役に立たない。
  • そもそも英語の先生が英語を話せない。
などなど・・・
それで、ここ数年間でかなり改革が行われてきました。
テキストがコミュニカティブな内容に変わったり、
ネイティブの先生が一緒に授業に入ったり、
小学校の必須教科になることが決まったり・・・
英語はコミュニケーションのツールですから、会話の中で使われる表現として英語を学習していく、
いわゆるコミュニカティブなアプローチで英語の授業が展開されることは賛成でございます。
少なくとも、私が学生時代に受けていた、ただテストの点を取るためだけのような英語の授業より数万倍よいはずです。
実は私は、高校に進学して一気に高校英語が大の苦手になりました。

私の高校時代の受験英語のトラウマ

私の高校時代の授業はというと、文法の説明があって、あとは構文の紹介、そして問題演習の繰り返し。
毎日英語がありましたが、英語の文章を毎日10個ほど覚えるのが宿題でした。
そして授業中に暗記テストがあって、覚えてないと居残り・・・
私はただただ「なんでこの文を今覚える必要があるのかなあ」と思いながら、
面白くもない文を丸暗記するしかなく・・・
私の担任の担当も英語だったのですが、今思い出しても完璧なジャパニーズアクセントで、
授業が始まると黒板に縦と横に直線を引いて、「大きな単語帳」を作るところからスタートでした。
そして、授業中に出てきた単語をその枠の中に書き入れるのです。
授業中の板書は新出単語を書き出すのみです。
最初からカードみたいに仕切っちゃうわけだから、英文を書くスペースなんてない(笑)
ネイティブの先生なんて、大学入るまで会ったことも見たこともありませんでした。
それだけ徹底して試験対策をしてくれてましたが、私の英語力は全く伸びず・・・
テストの点数もひどいものでした。

学校教育は全てが訳に立たなかったのか?

では、学校教育の英語が全て訳に立っていないのか?
実は、後になってから英語を学び直して、
「おー、ちゃんと訳に立っているじゃない!」
と思ったことがあります。
それが、文法です。
文法はやっておくに超したことはありません。
もちろん、文法だけやっても英語を話せるようには絶対になりません。
泳ぎ方を本で学んで、知識として理解したとしても、
それだけで泳げるようにならないというのは、ちょっと想像したら分かります。
昔の英語教育は、まさにこれだったんですね。
つまり、英語の文法や構文、英単語の知識を頭に入れることだけやって、
それを使うことをしなかったんです。
話せるわけがありません。
なので、英語を使うチャンスを作ることはとても大事です

今の学校教育の流れって、これでいいのかな?

しかし私は不安を持っています。
日本の英語教育が、極端な方に振れないかということです。
コミュニケーション力が大切 = 文法の授業は悪
こういう思考になりはしないか・・・
今や小学生のときから英語を学ぶ時代です。
しかし、多くの若者は、中学生になると「思春期」に突入します。
私たちは頭でものを考えて、自分自身で納得しないと前に進めなくなります。
幼少のころは身体を動かしたり歌を歌ったりゲームをしたりして、
英語をそのまま素直に受入れることもできます。
しかし、ある程度大きくなれば、それだけでは難しくなります。

私が英語学習に「文法」が絶対に必要だと思う理由

私が大人の「英語学習」になぜ文法が必要だと思うのか?
それは、子供のときのように
ただ身体を動かしたり、マネをしたりして
しみこませるような学習では大人は効果がないからです。
「納得する」
これが学習のキーワードになるのです。
よって、「文法の勉強」はとても重要です。
また、単語でも丸暗記ではなく、「語源」や、「接頭語」「接尾語」などから
類推できるような覚え方などが効果を発揮しだします。
英語の学校教育において、コミュニケーションのツールとしての英語を学ぶために
会話中心になりすぎないこと。英文法にももっと焦点をあてること。
これは、英語の基礎をみにつける上ですごく大切なことなんです。

まとめ

「文法の授業=古い英語教育」の問題はどこにあるのか・・・
学校で学ぶ英語で英語力をつける3つのポイントを私なりにまとめます。
.文法に力を入れすぎず、しかし、しっかりと学習する。
文法に力を入れすぎて、会話的な要素がなくなるのが一番良くありませんね。
うなると試験で点を取るためだけの英語の授業になります。
英語学習の本来の目的が見失われています。
しかし、文法を学ぶことは同時にとても大切です。
2.文法や語彙、表現を学ぶときには、その使い方を学ぶ
文法だけでなく語彙や構文などを学ぶときは、
会話の中で、あるいは文章の中で、どういう時に使われ、
たとえば文法だと、今学んでいる文法を習得すると、いつ、どういうときに使える
といったことを同時に学ぶことが必要です。有用性を意識しながら英語学習をしましょう。
3.動機付けを常にする・英語学習の目的を明確にする
自分で動機付けを常にしておくことです。英語を学ぶ必要性、重要性。
英語を学んで話せるようになった自分を強く想像する。
そして、英語学習の目的を見失わないことです。
「なぜその文法が必要なのか」
「どういう時にその文法が必要なのか」
「その文法で何を言うことができるのか」
そういった視点で英文法を見直してみましょう。
今日はこの辺で。
ダラダラと書いてしまいましたが、最後までおつきあいいただきありがとうございました。
By Kすけ
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.