使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

中学英文法のやり直しの鍵を握る「使用場面イメージ」と「反復練習」

2020/02/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、「Kすけのブログ」のKすけです。

よく、「中学英語で日常会話は大丈夫」と聞くけど、一回勉強して話せるようにはならなかったことを繰り返して、話せるようになるのかな? やりなおし勉強をするときに、同じ失敗を繰り返さないためには、ちょっと意識を変える必要がありました…という話です。

中学文法の再確認が必要な理由とは?

英語を話せない原因の一つに、

基本的な文法が分かっていないことにあります。

では、どれくらいの文法の知識があればいいのでしょう。

 

日常会話レベルでいうと、「中学で学ぶ英文法」でOKです。

 

しかし、実は私たち日本人は、世界の英語学習者から見ると、

この「文法」の知識は、けっして劣っているわけではなく、

むしろいい線行ってると思っています。

 

では、なぜに文法の再確認が必要なのでしょうか????

それは、文法の勉強が、試験の問題を解くためだったからです。

当然ですが、「知っている」と「使える」は違います。

 

やり直しの中学文法に必要なのは「知識の確認」ではなく「反復練習」

ちょっと考えてみましょう。

水泳の本で泳ぎ方を勉強しても、実際に水に入って泳ぐ練習をしないと泳げません。

ラグビーのルールを覚えても、ラグビーがうまくなるには、やっぱり練習です。

しかも、いきなりラグビーをするのではなく、基礎練習をして、身体を鍛えないといけません。

私たちは、学校で文法を習います。しかし、それを実際に使っていないんです!

文法を使って話すことがないのに、それでは上手くなるはずがありません。

基礎練習もおろそかにしてしまいがちです。

英語を話す前に、発音の練習をして、口の筋肉を鍛えていますか?

英語は日本語にはない口の動きがあります。

日本語を話す上では使わない筋肉を使ったりします。

基礎練習も実践練習もなしに、知識だけでいきなり英語が話せるわけがないのです。

では、どうするか・・・

大切なことは、

「会話をするための文法を学ぶ」

という意識です。

その意識を持って、

「反復練習」をすることが大切なんです!

 

やり直し文法の例

例えば「不定詞」を例にあげましょう。

【不定詞】

形 :to + 動詞の原形

用法:名詞的用法 (~すること)

   形容詞的用法 (~するための、~すべき)

   副詞的用法(~するために)

これらを覚えて、例文を使って理解します。

次に、例外を拾っていきます。

(例えば、名詞的用法は動名詞と置き換え可だが、どちらかしか取らない動詞がある等)

そして、練習問題を解いて、理解を深めていくかもしれないですね。

このような勉強は、私はとても大切だと思います。

(最近、逆にこのあたりをすっとばす中学校の教科書もあるようですが・・・嘆かわしい)

しかし、ここで終わったらダメですよね。

これらは、「知識を身につけた」(ラグビーのやり方やルールを本で学習した)に過ぎません。

ここから、「反復練習・実践練習」(ラグビーの基礎練習や実践練習で鍛える)をすることの方が大切ですよね。

もちろん、「反復練習・実践練習」の時間の方が圧倒的に長くないと、いつまでも上手くならないでしょう。

そして、この「実践」=「会話をする」ために「文法」を学ぶという意識を強よ~く持っておくことです。

さきほどの不定詞で言うと、

  • なぜ不定詞が必要なのか?
  • どんな場面で使うのか?
  • 何を言いたいときに使うのか?

ということを常に意識して文法を押さえていく必要があるのです。

私たちはすでに基礎英文法は習っています。

もちろん

「もう忘れた~」「中学から英語は全然分からなかった・・・」

という人もいるでしょう。

そういう人も含めて

やはり中学の基礎英文法を勉強することはとても大切です。

そして、「試験のための勉強」はもうやめましょう。

「会話のための勉強」という風に意識を変えましょう。

ラグビーも実践練習と、その先の試合が楽しいはずです。

英語も、机上の勉強だけでなく、それを実際に使って、誰かと会話をする。

そのための「基礎英文法」です。

 

まとめ

  • 日常会話に必要なのは中学文法でOK
  • やり直し英語には「反復練習」が欠かせない
  • 使う場面を意識して練習をしないと意味がない

 

さあ、早速、中学英文法の総復習を、意味のあるやり方ではじめましょう。

 

By Kei

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.