使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

Let the cat out of the bagってどんな意味? Catを使った表現を紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、Kすけです。

前回は「ねずみ」を使った英語の表現を紹介しました。

「ねずみ」と言えば次は「ねこ」??

ということで、短絡ですが今日は「CAT」を使った表現です。

Let the cat out of the bag

“Let the cat out of the bag”

「猫を袋から出す?」

これは、”Tell the secret”とか

“Inform beforehand”

という意味があります。 

「秘密を先にばらしちゃう!」

という意味ですね。

例えば人事異動とか、

「誰々が異動するらしいよ」とかいう情報を

発表の前に誰かに漏らしてしまうようなときに使います。

Curiosity killed the cat

“Curiosity killed the cat”

Curiosityとは「好奇心」という意味ですね。

「好奇心は猫をも殺す」

ちょっと怖いイメージですが、

もともと猫は好奇心旺盛な動物というイメージです。

そんな猫もあんまり好奇心旺盛だと、

危険な目にあってしまうよ~と言う意味です。

だから、時には慎重になりましょうね~

という意味です。

そういえば同じ名前のバンドが昔いたなあ・・・

今から思うとすごいバンド名だ。

Bell the cat

“Bell the cat”

猫は首に鈴をつけるの、いやがりますよねー

そんな猫に鈴をつけるには勇気が要る・・・かな?

「危ないことを自分からやる」

という意味があります。

“Who will bell the cat?”

「え? 誰がそれやるの?」

という意味です。

日本のことわざで言うと、

「言うは易く行うは難し」

に近いかな??

Cat and Dog

“Cat and Dog”

猫と犬は仲が悪いんでしょうか?

日本語では「犬猿の仲」なんて言いますよね。

犬と猿じゃなくて、英語では犬と猫なんですね。

たしかに、人間も「犬派」と「猫派」に分かれます。

It rains cats and dogs.

“It rains cats and dogs.”

これはあまりにも有名なフレーズですね。

「土砂降りの雨」

という意味です。

バタバタと大きな音が騒がしい様子からでしょうか?

Cat has nine lives.

“Cat has nine lives.”

まず、このlivesの発音は

【lάɪvz】です。【lívs】ではありません。

名詞のLife(命)の複数形ですね。

「猫は9つの命がある」

高いところから落ちても、

くるくると身を翻して

上手に着地するように

なかなか死なない様子を言っています。

Cat nap / Cat’s sleep

“Cat nap”と”Cat’s sleep”はよく似ていますが、

意味はちょっと違います。

それぞれ、

Cat nap ・・・ 「うたた寝」

Cat’s sleep・・・「狸寝入り」

と言う意味です。

「狸寝入り」なのに「猫の睡眠」なんですね(笑)

まとめ

猫はやっぱり身近な動物なんですね。

世界中でペットとして愛されています。

ペットというよりも家族の一員として愛している人も少なくないでしょうね。

だからでしょうね。

本来、動物は英語の世界では「モノ扱い」なので、

代名詞は全部 ”It” なんですが、

雄猫はHe,雌猫はSheで表わす場合が多いように思います。

では、今日は「猫」に関する表現でした。

Kすけ

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.