使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

レストランの予約を英語で 

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

こんにちは、Kすけです。

前回は「ホテルの予約を英語で」を紹介しました。

海外のホテル予約で学ぶmake とhaveの違い 

今回は、「レストランの予約」です。

レストランの予約をするときの英語は?

基本的にレストランの予約もホテルの予約と変わりません。

次の3つが代表的な「予約をする」という意味の動詞です。

  • make a reservation
  • reserve
  • book

make a reservationを使う

ホテルの場合は、

“I’d like to make a reservation for a single room for tonight.”

「今夜、シングルルームを1つ予約したいのですが。」

といった表現になりました。

レストランの場合も同様に、

“I’d like to make a reservation for 2 for tonight.”

「今夜、2名分予約をしたいのですが。」

となります。

2名分・・・for 2

今夜分・・・for tonight

のように、

必要な情報を追加する場合は、

for ~ と言う形で追加していきます。

簡単ですよね?

reserveやbookを使う

さて、make a reservationは「予約をする」でいいのですが、

reserveやbookはあとに「目的語」が必要です。

レストランの場合は、予約するモノはなんでしょうか?

そうです。「席」ですよね。

この「席」がなぜかスラっと出てこない人が時々いるようですが、

日本語にもなっています。

「席」・・・TableでOK。

なので、以下のようになります。

“I’d like to reserve a table for 2 for tonight.”

“I’d like to book a table for 2 for tonight.”

「今夜、2人分の席を予約したいんですが。」

この、

make a reservation と reserve / book の違い

よく覚えて、使えるようになっておきましょう。

ポイントは、

「目的語が直後にくるかどうか」

です。

make a reservation と reserve / book どちらを使えばよいか

では、どっちを使ったほうがいいんでしょうか?

もちろん、どっちでもいいんです。

もし英語に自信がないという場合は、

“I’d like to make a reservation.”

と先に言ってしまうのは一つの「手」でしょうね。

すると向こうから質問が来るでしょうから、

一つずつ落ち着いて答えていけばOKです。

(例)

“I’d like to make a reservation.”

“OK, what day?”

“Tomorrow.”

“What time?”

“At 7.”

“How many people?”

“2.”

このような感じですね。

Dress Codeの確認

おしゃれなお店、高級そうなお店の場合、

dress codeがあるかどうかも確認をしておいた方がいいでしょうね。

一応説明しておきますが、

dress codeとは、レストランやホテル、パーティー会場などにある「服装規程」のことです。

ジーンズやTシャツ、サンダルはNGとか、

男性はスーツとネクタイが必要だとか。

英語でどうやって聞いたらよいのでしょうか?

“Do you have a dress code?”

「ドレスコードありますか?」

これでOKです。

簡単ですよね?

このhaveの使い方に慣れておくと、

沢山の場面で重宝します。

ぜひ、慣れておいて下さい。

まとめ

今回は、レストランの予約の仕方を通して

英語の勉強をしてみました。

ちなみに、海外に行くと「お寺」などにも

ドレスコードがあったりしますので、

事前に確認をしておかれた方がいいと思います。

では、また!

Kすけ

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.