使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

留学のメリット あらためて

2020/04/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、Kすけです。

「アメリカ横断バス一人旅」はニューヨークまで進みました。

ずっと旅の内容が中心だったので、

今回は久しぶりに英語学習の話でもしましょう。

短期の留学って役に立つの??

留学をすると、自然と英語は話せるようになるもの・・・

そんな風に思っている人は、今でも結構いますよねー

(私、英語教師なので、よくお目にかかります・・・)

留学をする前の私は、、まさにそんな感じの若者でした。

「留学したら、それだけで英語が話せるようになる」

はっきり言うと、それは幻想です。

それでも、私は「留学に行きたい!」という人は、

短期の語学留学でもいいので挑戦して欲しい!と強く思っています。

新しい語彙の効果的な覚え方

私のこの「一人旅」の中で覚えた語彙や表現は数えきれません。

例えば「ニューオーリンズ」で紹介した「Preservation Hall」の「Preservation」

英語が超苦手だった私にとって、正直に言うと「ほとんど新出な語彙」でした汗

しかも、「~ション」という語彙は沢山あるんで、

どれがどれか自信なかったんです。

しかし、きっとそれは、アメリカなんか来たことがない

日本から出たことなんかない

英語が大の苦手な

「純国産」の私だったからでしょうね笑

語彙は生活の中で覚えるのが理想です。

前出の「Preservation」は、もう絶対に忘れません。

ど忘れもしたことありません。

それは、「Preservation Hall」の古くて、伝統を大切にしているたたずまいと、

すばらしいディキシーランド・ジャズの記憶。

そういう映像と音楽と感動と一緒に身体に入ってしまった語彙だからです。

これは、ここまで特別な体験でなくてもいいんです。

ニューヨークに行った際、ビルの上からニューヨークを眺めたくて、

高層ビルの上へ登っていきました。

そうすると標識に「Observatory」という単語が目に入りました。

これも恥ずかしながら・・・当時の私にとっては「新出語彙」でした!

「なんだろう??」と思って進んでいくと「展望台」が目の前に現れたんですね。

そういう実際の体験と語彙が結びついたときに、その新出語彙は身体の中にしみこんできます。

Preservationを覚えたら、Preserveも覚えないともったいない。

Observatoryを覚えたら、ObservationやObserveもチェックしたい。

そうやって、品詞も増やしていきます。

日本での語彙の覚え方

私が思うに、留学のメリットの一つは、この「体験」だと思います。

一度、こういう風に、体験から語彙を覚えた経験がある人は、

日本に帰っても、そういう感覚を大切にしようとします。

だから、いわゆる「単語帳」とかでまとめて覚えないといけないときでも、

なるべく、その語彙がもつ「イメージ」を想像しながら覚えようとします。

さらに、「どんな時にこの語彙は使われるのかな?」という覚え方をします。

少なくとも、私はそうしていますし、とても大切な「こだわり」だと思っています。

まとめ

どんなに短期であっても、語学を学ぶものであっても、留学にはメリットがあります。

ただし、問題は、「そこで何を学んでくるか」です。

生活の中で英語を学んだり、語彙を覚えたりといった経験を

日本でも大切にすることができれば、

その人の留学は、英語をマスターする上では、

とても意味があったんじゃないかと思います。

Kすけ

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.