使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

機内のモノを英語にしよう Part2 「出入国カード」って英語で何て言うの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

Kすけです。

さて、「機内のモノを英語にしよう」のパート2です。

パート1はこちら

機内のモノを英語にしよう 機内食って英語で何ていうんでしょう?

今回もクイズ形式でいきますので、

ゆっくりとスクロールしながら楽しんでみてください。

では、はじめましょう!

Q1.「座席のポケット」は英語で何て言うんでしょう?

さて、座席に座ったら、目の前にポケットがありますよね。

あの部分は何て言うんでしょう?

 

 

答えは、

“Seat Pocket”

簡単ですね。すぐに使えそうです。

Q2.「機内安全のしおり」って英語でなんて言うの?

では、その “Seat Pocket” の中に入っている

「機内安全のしおり」は何ていうのか分かりますか?

 

 

 

答えは、

“Aircraft Safety Card” または、“Safety Instruction”

といいます。

飛行機が離陸 “Take Off”するまでには

必ず目を通しておきましょう。

Q3.「機内安全ビデオ」は何というのかな?

さて、続きまして、機内に流れるビデオがありますね。

安全に関するビデオが流れるので、

必ず見ておかないといけません。

あのビデオは英語で何というんでしょう?

 

 

 

答えは、

“In-flight Safety Video”

これも簡単ですよね?

この”In-flight Safety Video”は、搭乗した全ての旅客が

必ず見るビデオです。

だから、航空会社はビデオ制作に結構力を入れているみたいで、

特に最近は、各社の特徴を出したビデオも作られているみたいです。

英語の勉強にもすごく良いビデオなので、

聞き流さないように、

しっかりと「無料の教材」と思って楽しみたいですね。

Q4.「非常口」の英語は知っていますか?

これも大切です。「非常口」

さて、英語で何て言うか、覚えていますか?

 

 

 

答えは、

“Emergency Exit”

「非常口」は機内でなくても、

デパートなど、どこでもあります。

特に飛行機の中では

万が一のための備えとして

どこにあるのか?

どうやって開けるのか?

分かっておいたほうがいいです。

Q5.「出入国カード」って英語で何て言うのでしょう?

飛行機が離陸してしばらくするとシートベルトサインが消えます。

そしたら早めに、機内で「出入国カード」を記入しておきましょう。

英語で言ったら・・・?

 

 

 

“Embarkation / Disembarkation Card (E/D Card)”

といいます。

【キーワード】

Embarkation(名詞)・・・搭乗、乗船、積み込み

Embark(動詞)・・・(人・モノを)乗船させる、積み込む

Disembarkation(名詞)・・・下船、荷下ろし

Disembark(動詞)・・・(人・モノを)(船・飛行機などから)降ろす、下船する

E/D Card・・・出入国カード

このように、「飛行機」に関する単語は、もともと移動手段だった「船」の単語をそのまま使用しているモノが結構あります。

例えば、「飛行機」自体のことを”Ship”と呼んだりもしますよね。

Q6.「トイレ」って英語で何ていうのでしょうか?

飛行機の中だけでなく、どこにでもある「トイレ」

「トイレ」「便所」「お手洗い」「化粧室」「厠」・・・

日本語でもいくつか呼び方がありますね。

英語で「トイレ」っていくつ言えますか??

 

 

 

答えです。

“Toilet” “Lavatory” “Rest Room” “Wash room” “Powder Room” “Water Closet (W.C.)” 

とりあえずこれくらいは覚えておくとよいですよ。

Q7.もっと大切。「トイレ使用中」って、何ていうのでしょう?

トイレの場所は分かっても、「使用中」と「空き」は知っておきたい英語ですよね。

さて、それぞれ何ていうのでしょうか?

 

 

 

答えは、

使用中・・・”Occupied”

空き・・・”Vacant”

これは、ホテルの部屋の「満室」などとはちょっと違ってきますので

また宿泊の時に紹介します。

Q8. 「禁煙」の英語表現は?

「禁煙」という英語もいくつかあります。

いくつ言えますか??

 

 

 

答えです。

No-Smoking / Smoke Free / Refrain from smoking

飛行機内も昔々は「喫煙可」の時代がありました。

座席の後ろの方が「喫煙可」という、一応「分煙」というのでしょうか。

ただ、もちろん途中に「仕切り」などがなく、

「分煙」とはとてもいえないものでした。

最近は完全な「禁煙」になりました。

こっそりとトイレの中でタバコを吸ってしまって、

飛行機が後戻りしたような事件も起こりましたよね。

さて、「禁煙」ですが、

“No Smoking”が一番親しみがありますよね。

“Smoke Free”というと、「自由に吸えるんだ!」と勘違いする人もいますが、

これも「禁煙」です。

機内アナウンスで良く聞くのは

“Please refrain from smoking.”という表現です。

これも「禁煙にご協力ください。」

という意味ですので、覚えておくとよいでしょうね。

【キーワード】

Refrain from ~ ・・・「~はご遠慮ください」

*~は名詞が入ります。

まとめ

では、今回の英語をまとめましょう。

  • 座席のポケット・・・Seat Pocket
  • 機内安全のしおり・・・Aircraft Safety Card または、Safety Instruction
  • 機内安全ビデオ・・・In-flight Safety Video
  • 非常口・・・Emergency Exit
  • 出入国カード・・・E/D Card (Embarkation / Disembarkation Card)
  • トイレ・・・ Toilet / Lavatory / Rest Room / Wash room / Powder Room / Water Closet (W.C.) 
  • 使用中/空き・・・Occupied / Vacant
  • 禁煙・・・ No-Smoking / Smoke Free / Refrain from smoking

いかがでしたか?

ゲーム感覚で英語の復習が出来たなら嬉しいです。

では、また次回をお楽しみに!

Kすけ

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.