使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

英語の2大検定 英検とTOEIC、どっちがいいの?

2020/03/15
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、Kすけです。

「使える英語をマスターするためにはどうすれば良いか?」

という大テーマでいつもブログを書いていますが、

今日はあえて「英語の2大検定」の話です。

 

英検とTOEICと、どっちがいいんですか?

わりとよくある質問です。

今回はこの質問の答えの一つを提示したいと思います。

「あなたの今の英語力やシチュエーションによって選びましょう」

 

英検とTOEICをあらためて比べてみよう

まずはこの2つの検定をあらためて比べてみましょう。

英検

実用英語技能検定は、公益財団法人日本英語検定協会 が実施する英語技能の検定である。一般に英語検定または英検と呼ばれる。 英語に関連する検定としては日本では最も長く行われている。(出典:Wikipedia)

TOEIC

国際コミュニケーション英語能力テスト、通称TOEICとは、英語によるコミュニケーションとビジネス能力を検定するための試験である。TOEICの満点は990点。 試験の開発、運営、試験結果の評価は、アメリカ合衆国の非営利団体である教育試験サービスが行っている。また、ETSはTOEFLも主催している。(出典:Wikipedia)

 

では、もう少し比較します。

 

合否か点数か

英検は5級~1級まであり、テストの結果は「合否」で表わされます。

それに対してTOEICはスコアです。最高得点は990点。

よって、「不合格になること」はありません。

 

問題の難易度は?

これはもちろん比較ができません。なぜかというと、英検は自分のその時の英語レベルに合わせて受験級を決めます。英検準2級のレベルの人は、次の目標を「英検2級」として勉強をして、英検2級の問題を受験します。だから、自分のレベルに合った問題を解くということになります。

これに比べてTOEICは、英語初級の人も英語上級の人も、すべて同じ問題を解くことになります。ですから、どちらの検定の問題がより難しいかは、受験者の英語レベルによって変わってきます。

 

結局、どっちを受験する方がいいの?

よく、TOEICは仕事を探すときは有利という話しを聞きます。

たしかに、TOEICの点数を応募の条件にしている会社もあります。

その場合は迷わずTOEICですよね。

じゃあ、英語力を伸ばすためにやるとすると、どちらを勉強したほうがよいか?

もしあなたが、「これから英語の勉強を基礎からはじめよー」と思っていたり、

中学生や高校生で、英語の基礎を作る必要がある時期なんでしたら、

私なら「英検」をお勧めします。

英検とTOEICと違いはなんでしょう?

さきほども言いましたが、英検は級合格です。

TOEICはスコアです。

まず、あなたが英検3級からスタートしたいとしましょう。

今、TOEICを受験しても、きっととてつもなく難しいと感じるはずです。

やる気をなくしてしまうかもしれませんし、

いったいどこから手をつけていいかも分からず途方に暮れるかもしれませんね。

英検は受験する級により問題の中身が全く違います。

たとえば、「今は英検3級のレベルだから今度は準2級を目指そう!」と思って勉強するとします。

きっと、書店やオンラインで市販のテキストを購入して勉強をしますよね。

そのときに解く問題は、「英検準2級レベル」の英語です。

当然、使用されている語彙や文法、表現や文章の長さなども準2級レベルですし、リスニングのスピードもそうです。

あなたは、今の自分の英語力に合わせた教材を使って勉強ができるのです。

これに対してTOEICは「スコア」です。

英検3級の人も、英検1級の人も、同じ問題で受験します。

最近は目標点数別の問題集もありますが、

本番で解くTOEICの問題は、全員が同じ難易度レベルであることに変わりはありません。

しかも、TOEICはビジネスで使う語彙や文が出てきます。

文法は簡単でも、使われている語彙や表現はけして簡単とは言えません。

 

私が英語初級から中級の人に「英検」の勉強を勧めるワケ

英語の勉強をこれからスタートさせよう!と思っている人や、

高校生までの学生のうちは、

TOEICではなく、まずは英検合格を目標に勉強をしていきましょう。

無理にTOEICから始めても、なかなかスコアが変わらないという人も出てきます。

そうなると、せっかくあったやる気もなくなってしまいます。

英検は合否がでます。「合格した」という喜びが次へつながります。

一つ一つ、上の級を目指して、クリアしていくと、きっとモチベーションアップ!ですよね。

もう一つ、私が英検をおすすめする理由があります。

それは、「2次面接試験がある」ということです。

英検の1次試験に合格しても、2次の面接試験に受からないと合格証はもらえません。

英検の2次試験は、ある程度対策ができるのですが、(くわしくはまた後日)

それでも試験に向けてスピーキングの練習をすることは、本来やるべき英語の勉強ではないかと思います。

ここで、あなたの英語力の下地をしっかりと固めていければ、その後の伸びが速いですよ。

 

TOEICの勉強は英語レベル中級から上級からが良い そのワケは?

英検2級までに合格したら、準1級に行かずに、

ここでTOEICにチャレンジしましょう!!

なぜか?

英検2級と英検準1級との間の差が大きすぎるからです。

英検2級までなら、過去問題をなんども解けばなんとかなるもんです。

英検準1級は、それまでとは別世界です。

よって、ここで一度TOEICに移行します。

TOEICはスコアをあげることが目標ですから、すこしずつでも上がっていくと

目に見えてはっきりと分かりますので。自分がきちんとレベルアップをしているかどうかが分かります。

英検2級に合格した人であれば、TOEIC730点(Bレベル)を目標にしたいですね。

TOEICの目標点数がクリアになると、ここからはどちらでもOKです。

そのままTOEIC860点(Aレベル)を目指すもよし、

英検準1級を目標に頑張ってみるもよし。

自分の必要に応じた、または自分に合った検定を目指してください。

これから英語を勉強する人は、まずは英検(3級、準2級、2級)を目指しましょう!

4技能の勉強ができます。

 

まとめ

やりなおし英語をこれからスタートする人

英語の検定を受けたことがなくてあんまり自信がない人

自分は「初心者~英検準2級」のレベルだと思っている人

いきなりTOEICに行かずに、まずは英検の勉強をしたらいかがでしょうか?

合格したらモチベーションアップになりますし、

英検2次の面接試験は、英会話力アップにはなかなか良い練習の機会になります。

 

そして、英検2級まで合格したら、TOEIC高得点を目指しましょう!!

あなたの英語学習の「目的」を実現するための

自分の動機付けとして、英語の検定を目の前の「目標」にしたら

やるべきことがはっきりするし、自信にもつながるし、資格も増える。

検定は上手に利用したいですね。

 

Kすけ

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.