使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

「今何時?」は、What time is it now? でいいの?

2020/03/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

心身共に疲れてきたら、温泉にでも行きたいですね~♨

せっかくならスーパー銭湯じゃなくて、

「上げ膳据え膳」の本物の温泉がいいなあー

*「温泉」= Hot Spring 

どうも、Kすけです。今回は英語コラムです。

 

時間の読み方、知っていますか?

突然ですが問題です。

次の時間は英語で何と言えばいいでしょうか?

  1.  9:50
  2.  7:20
  3. 10:30
  4. 11:15
  5.  6:45
  6.  1:58

では、正解です。

  1.  9:50 ⇒ Nine Fifty
  2.  7:20 ⇒ Seven Twenty
  3. 10:30 ⇒ Ten thirty
  4. 11:15 ⇒ Eleven Fifteen
  5.  6:45 ⇒ Six Forty-Five
  6.  1:58 ⇒ One Fifty-Eight

もちろん、これでもいいのですが・・・

時間の別の読み方を覚えよう

せっかくなので別の読み方も覚えましょう~!!

では、チャレンジしてみましょう。

① 9:50

Ten to Ten”

日本語に訳すと「10時まであと10分」となります。

または、”Ten before ten”でもOKです。

では、次は?

② 7:20

“Twenty past Seven”

またはこれも、”Twenty after Seven”という言い方もあります。

引き続き③です。

③10:30

 “a Half past Ten”

Halfとは「半分」という意味ですね。

“a Half after Ten”でもいいんですよ。

次です!

④11:15 

“a Quarter past Eleven”

Quarterとは「1/4」という意味です。

クォーターのピザといえば分かりますよね。

もちろん、a Quarter after Eleven”でもOKです。

じゃあ、これはどうでしょうか??

⑤6:45

”a Quarter to Seven”

もちろんこれも、”a Quarter before Seven”でもOK!

じゃあ、最後ですよー!

⑥ 1:58

” Two to two”

「別の時間の読み方」と書きましたが、

実はこちらの読み方の方が、わたしはよく耳にしていたように思います。

それくらい、一般的な時間の読み方です。

ぜひ覚えて、どんどん使っていきましょう!

いつも同じ言い方だとなんとなく飽きてしまいますよ。

まとめますね。

  1. 9:50   ⇒ ”Ten to Ten” または、”Ten before ten”
  2. 7:20  ⇒ ”Twenty past Seven” または、”Twenty after Seven”
  3. 10:30 ⇒  “a Half past Ten” または、”a Half after Ten”
  4. 11:15 ⇒ ”a Quarter past Eleven” または、”a Quarter after Eleven”
  5. 6:45  ⇒ ”a Quarter to Seven” または、”a Quarter before Seven”
  6.  1:58  ⇒ ” Two to two”

 

What time is it now?はもう古い??

最近はスマホの普及で、道で誰かから「今、何時ですか?」と聞かれることはほぼないですね。

「今、何時ですか?」 ⇒ ”What time is it now?”  

今時、時間を誰かに尋ねる人は少ないでしょう。

でも、せっかくだから、「今何時ですか?」の英語も別の表現で、ペラッと話せるようになっておきましょう。

さあ、今回の最後のクエスチョンです!

分かりますか??

今何時?

“Do you have the time?”

これでバッチリです。

ここで一つ注意点です。

この”the”を抜かさないでくださいね。

ついついtheを抜かして、

“Do you have time?”

と言っちゃうといけません。

Do you have time? なんて、間違えて言ってしまうと、

「時間ある?」という意味になります。

間違えて「誘っちゃってる」フレーズになってしまいます。

逆に、

“Excuse me, but do you have the time?”

と聞かれて、

「え~、ナンパされてるの??困ったなあー」

なんて思っていると、

ただ時間を聞かれているだけという恥ずかしいことになります。

気をつけましょう!

 

まとめ

時間を聞くときは、”What time is it now?” だけではない

” Do you have the time?” も「今何時ですか?」という意味

” Do you have time?” 「時間ある?」とははっきりと区別しないとね

時間の読み方にも慣れましょう~

“Time is Money.” (時は金なり)

いつでも時間は大切です。

後悔しないように、毎日を楽しみたいですね。

では、今日は以上です。

By Kei

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.