使える英語を基礎からやりなおしたい人へ ~音楽と語学をこよなく愛する~

英語と日本語の文型の違いを理解しよう

2020/02/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

どうも、「音楽と語学をこよなく愛するKすけのブログ」のKすけです。

今回は「文型」の話です。

英語と日本語の「文型」の違いは、ほとんど壊滅的です(笑)

そもそも、主語の次に動詞が来るなんて、意味わかんないですよね?

しかし、その違いを理解すると、英語がグ~っと身近になるんですよ!

さて、説明しますので、少しおつきあい下さい!

 

話せる英語に文型は必要なのか?

みなさんは、学校で「文型」の授業を受けて、

「なんだこりゃ??」と思った経験はないでしょうか?笑

実は、私は文型の授業は、ものすごく嫌いでした。

 

「第3文型? SVO? Cって何??」

 

英語を勉強するのに、そんなモノ面白くもなんともないし、

「分からない」というよりも「興味が全然わかなかった」

と言ったほうが近いかもしれないですね。

 

しかししかし、英語の勉強を本格的にはじめて、

「使える英語」をマスターしたい!と思ったら、

いつか必ず、この「文型」に戻ってくるんです。

 

英語を話せるようになるには「語順」を復習するべし

話せる英語をマスターするためには、

中学レベルの基礎英文法をもう一度見直すべきです。

では、どんな英文法からやったらいいんでしょうか?

私がまず特に力を入れた方がいいと思うもの、

 

それが、文型です。

 

もっとピンポイントに言うと、

 

語順です。

 

私たち日本人がとっさに英語を話せないのは、

まずこの語順の違いに戸惑うからなんです。

私たちはすでに基礎英文法は学んでいます。

しかも、かなりしっかりと。

個人差はあれ、それなりの知識は持っているはずです。

だから、英語で会話をするときも、

時間をかけて紙に書いてみたり、

先生とかから「ほら、こうだったでしょ?」とヒントをもらえたら、

日常会話であれば、けっこう正解(またはそれに近いところ)まで行き着きます。

それでも、やっぱりとっさには出なかったり、

自信がなくて、ただオロオロしたりします。

これは、根本的に「語順」が違うため、

それを口から発することに慣れていないのです。

だから、まずこの「語順」の違いを確認しなおしましょう。

 

プロが教える「英語と日本語の語順の違いに隠された大切なポイント」

さて、ここからは、とても大切な考え方です。

日本語と比べて、英語はせっかちです。

これを、「英語せっかちの法則」と勝手に呼んでいます。

一つ例文をあげてみます。

「私は英語を勉強するためにオーストラリアに来ました。」

コレを英語にしましょうか。

“I came to Australia to study English.”

簡単な英文なので、文書にして書くと大丈夫という人も多いかなと思います。

しかし。この英文をいざ外国人を目の前にして言うことになると・・・

なぜかスラッとは出てこない人が、とっても多いんです。

そして、

「英語分からん!」

「どうやったら英語話せるの?」

とかに

なってしまうんですよね。

 

では、語順の違いを確認するために、2つを並べてみましょう。

日本語:私は英語を勉強するためにオーストラリアに来ました。

英語 :I came to Australia to study English.

日本語は、一番重要な部分、相手が聞きたいポイント、が一番最後です。

なので、「私がいったいどうしたのか?」というのは、話を最後まで聞かないと分かりません。

それに対して英語は、言いたいこと、相手に伝えたいことをまず先に言います。

英語は、重要な部分を先に言って、内容補足をあとからくっつけていきます。

これが、日本語と英語の語順の大きな違いです。

もう一度、上の英文を確認します。

I came to Australia to study English.

誰が?    ⇒ 私は                     I

どうしたの? ⇒ 来ました               came

どこに?   ⇒ オーストラリアに    to Australia

どうして?  ⇒ 勉強するために       to study

何を?    ⇒ 英語を                English

どうですか?

1文全体において、「英語はせっかち」の法則が当てはまりますよね。

語順を頭で理解していても、本当の意味で分かっていない(慣れていない)から、

私は英語を勉強するためにオーストラリアに来ました。

I ・・・ English ・・・study え~と・・・

となったりします。

外国人に道を尋ねられて、「あの角を右に曲がって」というところを、

That corner・・・ right , right ・・・turn  OK?

とかになっちゃいます。

英語はせっかちなので大切なことを先に言います。

曲がって turn

右に   right 

あの角で at that corner

Turn right at that corner.

で良いわけですよね。

 

まとめ

基礎英文法を確認することはとても大切です。

しかし、いつもの勉強の一つとして見直すのではなく、

実際に英会話を話すという状況を想像しながら、

話している自分を強く意識して、基礎英文法、特に文型(語順)をもう一度見直してみてください。

By Kei

この記事を書いている人 - WRITER -
Kすけ
語学と音楽をこよなく愛する「Kすけ」です。英語の講師をしています。英検1級、留学カウンセラー取得。今まで仕事で訪れた国多数。これまでの経験を元に、英語を基礎から学びたい人へ情報を発信していきます。留学情報などにも触れていきます。ときどき音楽についてもつぶやきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Kすけのブログ , 2020 All Rights Reserved.